『ニッポン現代アート』 高階 秀爾/著


『ニッポン現代アート』 高階 秀爾/著 講談社(2013.4)

きらめく表現の深奥へ! 古今東西の美術を知悉する名手が、最先端を疾走する多彩な才能たちの作品へ誘う。月刊PR誌『本』の表紙を飾った作品30点と、それぞれの作品解説をまとめる。

 

日本の現代アートは,結構元気だと思います。

現代アートというとまた違ったジャンルをイメージしてしまいますが,簡単に言ってしまえば,現代の作家さんたちの作品を取り上げているということですね。

もちろん,ここに取り上げられて方以外にもいっぱいいるので,あくまでも高階さんの目で見たという前提でみないといけませんが・・・。

まあ,この本をきっかけにして,他の作品なり作家さんたちを見るなりしていけばよろしいかと。そういった意味で役に立つ本だと思います。

 

 

コメントを残す


5 − 四 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ