ヤンキー人類学

鞆の津ミュージアム」で、またやってます。

またというのは、まあ、例のごとく・・・。

 

普通の美術館とか、博物館では「あまりお目にかからないこと」ということですね。

あまりお目にかからないというより、絶対にやらないことですねえ。

 

で、今回は「ヤンキー」です。

 

ヤンキーといえば「夜露死苦」ということで、都築さんが絡んでいるのはすぐわかりますね。(笑)

 

なんと言いますか、このヤンキーが頑張っていた時代って、良かった。

人とのつながりが感じられた時代でした。

 

もっとも、いまだっていい時代なんですけどね。

 

まあ、これはとにかく行ってみなっきゃ始まらんちゅうことです。

 

 

コメントを残す


+ 四 = 11

サブコンテンツ

このページの先頭へ