彫刻家 本堀雄二 個展『風神雷神』

彫刻家の本堀雄二さんの個展『風神雷神』が、東京・渋谷のNANZUKAで11月16日までです。

本堀さんの作品は素材がおもしろいのもそうですが、出来上がったものもかなりおもしろいです。なんといっても、使用済みのダンボールで仏像ですからねえ。

なかなかこの発想はないではないでしょうか? しかも透けてる!

素材は段ボールのほかに、包装紙やプラスチックの容器のフタとかを使われているそうです。

ちなみにいま必要としているのが銀紙だそうです。来年(2014年)の1月にシンガポールで毘沙門天をお披露目するのにお使いだとか・・・。(といっても現在はどうなのかわかりませんので、下記のブログで確認を!)

公式ブログ(日記)『本堀雄二の捨てる神あれば拾う神あり。』で、制作秘話などいろいろ暴露(?)してくれています。

 

 

 

コメントを残す


九 − 4 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ