ハコビジョン バンダイの食玩

バンダイが「ハコビジョン」という独自技術を使った食玩を2014年の1月27日から発売するそうです。

 

現物がまだ手に入らないので、見て判断するだけですが、手のひらサイズで「3Dホログラム」を再現できるというイメージですかね。

この再現にはスマートフォンを使うので、対象が限られることにはなると思いますが、しかしまあ、時代は進み、これからどこまで行くのでしょうか?

そして、売り出し時の3D映像ソフト(?)は2種類で、一つが「東京ミチテラス2012」、もう一つがご覧になった方も多いとは思いますが、「京都・洛中洛外図と障壁画の美」で公開の、「東京国立博物館『KARAKAMI』」なんです。

選択がこれまたシブい。

食玩とはいえども、完全にマニア向けですな。

 

 

コメントを残す


一 + 8 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ