九州国立博物館

大宰府といえば「天満宮」ですが,もう一つ目立つのが「博物館」ですな。

なといっても,国立博物館の冠が付くのは4つしかないわけでして,そのうちの一つがこの九州国立博物館です。

今回は,少し入るまでの様子をちらっと。

太宰府天満宮に参拝した後,梅が枝餅などでお茶をして一息ついたら奥へどうぞ。

九博1

九博1

何やら洞窟のような入口がありまして,かなり急なエスカレーターで上へ。

上がった先がこの動く歩道です。

いつも思うのですが,この先が「魔界の出口」みたいな感じ。

そして,これ。

九博2

九博2

銅鑼ではありません。(たぶん)

鳴らしている方はいないけれど,叩いたことはあります。(それも何回か)

そして,いかにも掃除が大変そうな建物が現れます。

九博

九博3

作るの大変だったでしょうね。(維持・管理も大変そうですが)

そしてまた,中がけっこう広いんですな。

たとえば,山笠が置いてあったりするけれど,余裕の高さです。

九博4

九博4

この山笠というのは,博多祇園山笠というお祭りの主役ですね。

よく映像で流れている男衆がもって走るやつとは別の「飾り山」というやつです。

とにかくかっこいいんだなこれが。

 

コメントを残す


− 三 = 0

サブコンテンツ

このページの先頭へ