東京国立博物館 特別展「京都」

東京・上野にある東京国立博物館の特別展「京都」に行ってきました。

ということで、少しその時の様子を。

 

土曜日の昼過ぎで晴天ということもあってか、上野駅から上野公園に向かう道は大賑わいです。

途中に「東京文化会館」があります。まあ、そこはスルー。

次に「国立西洋美術館」がありまして、『ミケランジェロ展』ですか。う~ん。

行きたいけれど、また今度ということでスルー。

さらに「国立科学博物館」で『大恐竜展』開催中。見たい。

でも、雰囲気だけ味わってスルー。

さらにその先には「東京都美術館」で『ターナー展』もありますが後回しにして、とにかくトーハクへ。

 

目的地にたどり着くまでに誘惑が多すぎです。(笑)

トーハクの入り口から

トーハクの入り口から

今回は特別展「京都」ということですが、はっきり言って、人多すぎです。 『洛中洛外図』の現物はとてもぢゃないがゆっくり見ることができません。

その分、映像などで見ることができるようにになっていたので、親切設計ですね。

(この映像も凝ってます!)

 

「龍安寺」の石庭部分の映像は、迫力ありますよ。

ほぼ現物大ということですから・・・。

 

最後にあるのが「二条城」の『障壁画』。いったいどれだけ広いんでしょうか?

なんと言いますか、スケールが違いますなあ。

 

まあ何とか見終えて外へ。

平成館を出たところの紅葉

平成館を出たところの紅葉

 

庭園を開放しています。天気がいいので散歩。

この庭園は久しぶり。

トーハクの庭園

トーハクの庭園

 

そこも一通り見たら夕方です。

もう少したつと紅葉が見ごろでしょうか。

上野公園の噴水の周り

上野公園の噴水の周り

いや~。

よく歩きました。

 

 「東京観光」ならこのお宿

 

 

 

コメントを残す


4 + 七 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ