ハイレッドセンター

ハイレッドセンターとは,ハイ(高松)でレッド(赤瀬川)でセンター(中西)ということですね。

1963年に高松次郎さんと赤瀬川原平さん,そして中西夏之さんたちを中心に結成された前衛芸術家集団(?)とおもわれます。

まあ,その当時の本を読むと,3人の方が中心にはなっているのですが,ところどころほかのメンバーがいたりしていますので,無理にこうだと決めつける必要もないのでしょうな。

で,前置きが長いけれど,

『「ハイレッド・センター」直接行動の軌跡』

2月11日から東京・渋谷区立松濤美術館

ということです。

なぜか(といってもまあ裏事情があるのでしょうが),この時代の方々の展覧会がここのところ多くありますので,一気に見て回ろうかな~と思っているわけでして・・・。

1月までパルコミュージアムで,ギューちゃんこと篠原有司男さん(なんと80歳を超えています)を取り上げていましたしね。

今年は60年代が熱い!(かもね)

 

コメントを残す


五 − = 4

サブコンテンツ

このページの先頭へ